memetsuku Tumblr
kabayaki:

【ボケ】「阿部ちゃん!…ほら、出て来た。ちゃんと自分が呼ばれた事を分かってるんだよ。賢いね〜。」 : ボケて(bokete)
vampir:

(via これ以上にラスボス感のある画像ってあんの? - 痛い信者(ノ∀`))

七つの女の子と話をしていたら、作文が終わらなくて困っているという。彼女は小さい子にしては要領よく話すんだけれども、なにしろ七歳は七歳なので、話がくどい。しかもしょっちゅう脱線する。最後まで聞いて推測するに、どうやら何を書いて何を省くかがわからないので作文が長くなっている、ということらしかった。

学校の授業の作文で七五三の話を書くことにして、けれども原稿用紙六枚書いてもまだ、当日の朝ごはんが終わらない。メニューとその匂い、湯気のようす、パンの焼き加減の好みに関する主張で六枚目が終わってしまった。今までのぶんを捨てて書き直すべきか、という意味のことを、彼女は言う。読ませて頂戴というと、ずいぶんとはずかしがってから、結局読ませてくれた。

八枚切りのパンを焦げるぎりぎりのところまで熱してからバターを塗り、しみこませて食べる、ジャムはパンに塗るべきではない、ヨーグルトにいっぱい入れたほうがいい、なぜなら赤(いちごジャム)やむらさき(ブルーベリージャム)が白いのに混ざるのがおもしろいから、あと、わざとちゃんと混ぜないで甘いところと甘くないところをつくる、生の食パンとか意味わからない、不味い、というようなことが延々と書いてあって、私はいたく感動した。ニコルソン・ベイカーみたいだ。徹底した脈絡のなさがすばらしくリアル。他者の価値観を一顧だにしない主観がなんてクール。

たぶん彼女は記憶と思考を選ぶことが、まだうまくできないのだ。それに抽象概念の操作にも慣れていない。だから頭の中を時間軸だけで切り取ったような文章を書いている。

これはすごくいい文章だよ、と私は言った。七五三なんか放っておいたっていいじゃない、ここはひとつ朝ごはんまででいこうよ、捨てちゃうのもったいないよ。私がそう提案すると、彼女は重々しくうなずいて、まあね、これ自分でもわりと気に入ってる、と言った。

でも彼女はそういう作文を書きつづけるにはいかないことをちゃんと知っていて、きれいにまとまった文章を作る方法を知りたがってもいた。だから私は作文を終わらせる方法を教えることにした。

あのさ、まず書くことを決めるじゃない、最初に。七五三とか。で、書くことの前とか後とかあるでしょう。七五三の日の朝ごはんみたいなこと。それはちょっと短くする。どうやって短くするかっていうと、八枚切りのパンを反りかえるまで焼いてから反対側もちょっとあぶって、それからバターをつけて、って書きたいところを、お父さんとお母さんと一緒にパンを食べました、って書くんだ。もちろんお母さんが起きてからよくわからない部屋着に着替えてそれから出かける格好になることの謎についてとか、お父さんのひげそりの音が変化に富んでいて魅力的だということとかは書かない。もっと省きたかったら、ただ「朝ごはんをすませて」、って書く。文いっこもいらない。

もっと短くしたかったら、と彼女は訊いた。私は彼女の真似をして重々しくうなずき、「支度をして家族みんなで家を出ました」って書くの、と言った。もっと、と彼女が言うので、神社の階段を登っているところから始めてもいい、と私は教えた。もちろん一日は朝起きたところからはじまる、でも作文では石段に足をかけたところからはじめてもいい、なんなら帰ってきたところからでもいい。

彼女はやはり重々しくうなずき、ありがとう、と言った。どういたしましてと私はこたえた。

でもそれはほんとうはつまらないことなのだ。誰かの要求にあわせて作文を刈りこむなんて、書く意味があることとないことをふるいわけるなんて、所定の枚数にきれいにおさめるなんて。思いついたことは思いついた順に全部書けばいいんだけどな、と思う。

hasetaq:

RySah (JPEG 画像, 961x720 px) - 表示倍率 (98%)
「ある大学に貼られていたという,ちょっとカチンとくる貼り紙」 (https://twitter.com/#!/okaguchik/status/200742752575692800)

hasetaq:

RySah (JPEG 画像, 961x720 px) - 表示倍率 (98%)

「ある大学に貼られていたという,ちょっとカチンとくる貼り紙」
(https://twitter.com/#!/okaguchik/status/200742752575692800)

サマーウォーズ - 金曜ロードSHOW!

おおかみこどもの前に復習しておきます

サマーウォーズ - 金曜ロードSHOW!

おおかみこどもの前に復習しておきます

mind-b:

こんにちは、月一で何らかの大会に出ているhir0ckyです。

走るにはちょっとキツイ時期になってきましたが、

今月はこの大会に参加してきました。

皇居チャリティーマラソン - Running in Tokyo/Japan - Marathon/Clubs/Track Races





■大会の概要

皇居2周10kmと1周5kmの2コースがありました。

迷わず10kmにエントリー。

チャリティマラソンの名の通り、Save the Childrenに収益の一部が寄付されます。

たまには良いこともしとかないとね。


mind-b:

Run
Run / DieselDemon



こんにちは。10kmランナーのhir0ckyです。


今年の4月から月に一度、10kmのマラソン大会に出場していましたが、

これから夏を迎えるにあたり出場できそうな大会の数がグッと減ってしまいました。


※今まで出場した大会はこちら

第35回池上本門寺花祭り 家族健康マラソン

第16回 スポニチフィットラン 皇居 RUNNING FESTA

皇居チャリティマラソン


若干モチベーションが下がりますが、

大会がないこの時期にこそ練習をしっかり続け、

秋冬の大会に備えていきたいと思います。


 日本は特に「わがままを言うクレーマー」「ルールの隙を突く悪質なプレイヤー」の為に多大なコストを払っていて、それをそれ以外の人が支払うコストで埋め合わせている。
 言ったもん勝ち、やったもん勝ちのとても美しくない仕組みだ。

 なのでこの「飛行機は客を運ぶのが本分、客室乗務員はホステスじゃねぇ。」というのを、客全員に向けて開示したのは悪くないと思う。
 これ、たぶん思いつきで書いたんじゃなくて、今まで有ったクレームの中で面倒だったものをピックアップしてるんじゃないか。
 クレーマーというのは、クレームつけて勝てると思っているから、クレームをつける。
 最初から「そのクレームは受け付けない」と書いてあるのは効果がある。

 もちろん「快適な空の旅を!」という会社もあるんだから、そっちがいい人はそっちを選べばいい。

 旧来のサービスの行き届いた航空会社としては市場を荒らされてたまったもんじゃないだろうが。
 その高付加価値商売が、付け込まれる隙だったのかどうかはコレから解かることだろうし。

 あとコンビニ店員はもっと不愉快に仕事してても全然かまわないと思う。
 牛丼屋とか、ファミレスとかもさ。

 賃金に見合った労働以上のものを求める世の中は、労働者すべてにとってウザイだけだ。

スカイマークに見る対価に対する労働の上限とか。:島国大和のド畜生

これは何回でもreblogしたい。 ~したもん勝ちってのが、言う奴もやる奴も大嫌い。

(via holhos)

スカイマークあれこれ